アトピー性皮膚炎の患者さんの症状が悪くなる原因には色々ありますが、夏場になると悪くなるという方の場合は汗が影響している事が多いです。

 

前回のブログでも書きましたが、汗自体が悪いのかと言うと決してそういうわけではありません。

 

もう一つの原因として、アトピーの人の中には汗がかきにくくなるというという症状(減汗)がおきている人がいるということがあげられます。

 

汗をかくと汗が汗管から真皮に漏れてしまうために汗が減ってしまうだけでなく、漏れ出した汗が炎症を起こしかゆみや炎症を悪化させてしまいます。

 

さらに

  • 汗が出にくくなっているために不感発汗が低下して皮膚が乾燥してしまう
  • 汗が出にくい部位のかわりに周りの皮膚から汗をたくさんかく(代償性発汗)が起きてしまいさらに皮膚炎部を刺激する。
  • 汗がかけなくなっているために体温調節がうまくいかず、うつ熱という状態になって体に熱がこもってかゆくなってしまう。
  • 汗をかくと症状が悪くなるから、運動や入浴を避けてしまい更に汗をかきにくくなる。

という悪循環におちいってしまいます。

 

この悪循環を断ち切るためには、

  • 発疹がひどい時はステロイドやタクロリムス外用などの治療でしっかりと炎症を抑える
  • ヘパリン類似物質クリームなどで保湿をしっかりする
  • 運動などで発汗の機能を取り戻して汗をかけるようにする(前回のブログの汗をかいた後の注意点をしっかり守って下さいね)

などに気をつけて頑張って行くと次第に皮膚の症状もよくなってきます。

 

暑い時期は発汗の機能を取り戻すチャンスでもあります。

 

スキンケアに加えて運動も頑張って健康な肌を取り戻すために頑張りましょう!