乾燥や感染予防のための手洗いなどで手荒れがひどくなる季節になりましたね。

手荒れのケアとしては
・強い洗剤を使うときは手袋を使う
・手を洗ったらすぐに保湿
などの基本ケアが重要ですが、もう一つ気をつけてもらいたいことがあります。

それは爪切りです。

爪を短く切りすぎると手荒れが悪くなります。

短く切った爪の角が伸びて来ると手荒れで乾燥し柔軟性を失った皮膚に刺さって亀裂が入ってしまいます。
これが結構痛い。
指先が何かに触れるたびに、小さい傷なのにズキンとします。

↑ 
知っているのについ最近爪を短く切りすぎてわれちゃいました、、、
失敗、失敗

皆さん手荒れを悪化させないためにも、爪は短く切りすぎず指先ギリギリくらいでカットするようにしましょうね。