新型コロナウイルス感染対策のため、アルコール消毒や手洗いの回数が増える今日この頃。

アルコールは強い脱脂作用で肌を乾燥させますし、
洗浄剤に含まれる界面活性剤は汚れやウイルスなどだけでなく、天然保湿因子や細胞間脂質も洗い流し皮膚のバリア機能を低下させてしまいます。

回数が増えれば増える程、乾燥は進み皮膚炎が起きて手荒れはひどくなっていきます。
しかし手を洗わない訳にもいきません。

こういう時はとにかくスキンケア!

手を洗ったらハンドクリームなどで保湿をしましょう!!

手洗いの後のハンドクリームの外用は消毒作用に影響は与えないと言われています。

べとつきが気になって塗りたくない方は効果が多少落ちますが保湿作用のあるローションを塗るだけでも違います。

しっかりケア予防をしたい方におすすめなのは、撥水作用のあるクリームの外用です。
リモイスバリアという撥水性のある保湿クリームがあります。
もとはおむつかぶれに悩む方用のクリームですが、撥水性があり使用感もさらっとしているので外用後に作業する際にも気になりにくいです。
リモイスバリア サイト

手洗い、スキンケアをしっかり頑張って感染症に打ち勝ちましょう!

湿疹状態になってしまった場合はお薬の外用が必要になりますのでご相談下さいね。

お知らせ&ブログ(最近の記事)

◎以前の分はこちらです⇒お知らせ&ブログ